日本少年野球連盟について

日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)は2013年1月内閣府より公益財団法人の認定を受け、正式名称が公益財団法人少年野球連盟に変わりました。これは、永年の頑張りが評価されたもので、当連盟では2013年を再出発の年と位置付け、さらなる飛躍を目指しています。

日本少年野球連盟のスタートは1970年。最初はわずか28チームという一握りの小さな集団でしたが、いまでは北から南まで39支部、小・中学生の部併せて約742チームの大きな組織に発展しました。

ボーイズリーグは創立以来、「野球を愛好する少年たちに正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全育成を図る」ことを目的に掲げ活発な活動を展開しています。そしてその活動内容は毎年、春と夏に全国大会を開催するほか、世界少年野球大会、日中、日韓親善試合などの海外交流にも力を入れており、各ブロックでの地方大会は年間140大会にも及んでいます。

福岡春日ボーイズについて

福岡春日ボーイズは日本少年野球(ボーイズリーグ)福岡県南支部に所属しています。また、本チームは中学部と小学部による2部制の球団です。今年創立

35年目を迎える福岡春日ボーイズ中学部は現在選手30名、スタッフ4名で活動しています。平成25年12月より永井監督に変わり、また、新たなコーチ陣も加わり新体制として選手の育成に力を注いでいます。


【代表】井川英也  

【チームポリシー】

1.挨拶・返事は明るく大きな声でする事

2.感謝の気持ちを常に持ち、全力で取り組む事

3.グラウンド・野球道具は大切に扱う事


 【監督】

永井利昭

【コーチ】

加治屋規夫

【コーチ】

松永純司

【コーチ】

中嶋啓至


【基礎知識】

しっかりとミーティングをして野球の

基礎知識を学びます

 【怪我をしない身体つくり】

正しいフォームでの動作を身につけます

【技術の向上】

監督、コーチの指導のもと

たくさんの技術を学びます


【お昼ご飯は楽しく】

身体を大きくするために

最低2合ご飯を食べます

【グラウンド・道具は大事にする】

グラウンドは感謝を込めて

トンボかけを丁寧に

【自分の意志を強く!】

練習終了後、黙祷、精神統一をし

自分の気持ちを大きな声で宣誓